企業が利用する時の料金はどれ位か

リクナビNEXTを活用するのは、何も求職者だけではありません。人材を求めている企業としても、それを利用する訳です。それで企業側がリクナビNEXTを活用するとなると、料金が発生する事になります。それにも様々なタイプがあるのです。

求人広告の掲載ならリクナビNEXT|中途採用なら採用成功ナビ

1.掲載料金に関わる主な要素

企業がリクナビに情報を掲載する時の料金が何円位になるかは、それこそ状況次第と言えます。色々な事柄に左右される訳ですが、主に次のような要素があるのです。

・原稿の大きさや種類
・地域
・メールの種類
・オプション

2.原稿のタイプによって料金が変わる

まず1点目の原稿ですが、そもそもリクナビNEXTには様々なタイプの求人パターンがあります。例えば求人原稿に対して、メッセージを掲載するか否かです。

会社独自のメッセージを掲載するとなると、料金は高めになってきます。また求人原稿に、写真を掲載するか否かの問題もあります。写真を掲載しなければ、料金は低めになるのです。

しかし何らかの写真を掲載した時には、それだけ料金は高めになります。基本的には多くの閲覧者が見込める求人原稿などは、料金は高めになるのですね。

3.地域によって料金も違う

またリクナビNEXTによる求人掲載の料金は、実は地域とも密接な関連性があります。一部の地域では、掲載料金が少し低めになるのです。

いわゆる沖縄や北海道や四国地方などは、現時点では最低12万円で掲載する事ができます。

ただし広告の内容によっては、もう少し高めな金額になる事もあります。しかし別の地域ですと、最低13万円になるといった具合です。

4.メッセージやオプションで料金が発生

その他にも、メッセージとも絡んでくるのです。リクナビNEXTに求人を掲載すると、求職者に対してメッセージを送る事ができます。ただそれにも様々な種類があって、中には有料バージョンのメールもあるのです。

優秀な人材に対してメールを送りたいと思う事も、たまにあるでしょう。そのサービスを利用する時には、所定料金が発生する事になります。

ちなみにメールの種類や、送信件数などによって、料金も異なってきます。多くの方々にメッセージを送れば、それだけ多くの料金が生じるわけです。

それとオプションですね。説明会に関する情報を掲載するオプションなどを用いると、数十万前後の料金がかかります。また修正と呼ばれるサービスを用いると、3万円前後支払う事になります。

発生料金は利用サービス次第

このようにリクナビには、色々な種類のサービスが用意されている訳です。企業がその中の何を用いるかにより、具体的な料金も異なってくるでしょう。

もちろんリクナビに問い合わせをすれば、具体的な料金見積もりなどは教えてくれます。掲載料金が気になる時には、遠慮なく見積もりを取ってみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です